So-net無料ブログ作成

Information

468x60.gif

ニキビ対策 ブログトップ

お顔のベタ付きとニキビ [ニキビ対策]


女性にとって、お顔のべた付きは非常に気になるものですね。
7749.jpg
朝起きて、お化粧をいくらしっかりしても、お昼休み頃になると
お顔のテカリが気になってしまうものです。

皮脂の分泌は体の免疫機能によるものなので、
なくすことは出来ません。

また皮脂は皮膚の水分量を保つ役割をしているので、
本来は皮膚にとって無くてはならないものなのです。

しかし日々のお化粧など、さまざま刺激により分泌が過剰になると、
お肌がべた付く原因となってしまうのです。

これはニキビの原因となるので、しっかりと取り除く
必要があります。


◆ 皮脂の分泌が過剰になる原因としては、
 お肌の水分量低下が挙げられます。


お肌は水分の蒸散を防ぐために皮脂を分泌しますので、
水分不足なお肌には皮脂が過剰分泌されやすくなるのです。

水分パックなどでしっかりと水分を補給し、
適正な皮脂の分泌を保ちましょう。

また、皮脂の分泌は男性ホルモンによって促されます。

男性ホルモンは男性だけのものではなく、
女性にも分泌されるホルモンなのです。

女性の男性ホルモン分泌量が多くなるのは一般的に16~20歳と
いわれており、この時期はにきびが出来やすいといえます。

また時期だけではなく、精神状態によっても
男性ホルモンの分泌は起こります。

ストレスなどの外的環境の悪化により自律神経のバランスが
崩れてしまうと、女性は攻撃的になります。

交感神経といわれる人間の神経機能が興奮状態になることで、
人は攻撃的になります。

攻撃的な状態が続くと男性ホルモンが分泌されるので、
皮脂が出やすい状態となってしまうのです。

悩みや揉め事の尽きない世の中ですが、
時には肩の荷を降ろしてリラックスするように心がけましょう。

ストレスを上手に発散させることも、
大切なにきび予防となることを忘れないでくださいね。



自宅で安全にできる!ニキビ&ニキビ痕改善法
link_24.gif




共通テーマ:美容

にきびの原因、アクネ菌 [ニキビ対策]

洗顔をきちんとしているのに、なかなかニキビが消えない・・・

こんなお悩みを抱えているお方は多いですね。
5939.jpg
ところで、お顔には「常在菌」というものがいるのを
ご存知ですか?

この菌は皮膚の上でバランスを保ち、外気などの細菌と戦って
お肌を守る役割をしています。

常在菌は本来お肌を守るために存在しているのですが、
一度バランスを崩すとお肌を傷つける害菌となってしまうのです。

皆さんが日ごろ使っている枕やフェイスタオルなどに、
にきびの原因となる「アクネ菌」が移っているというのを
ご存知でしょうか。

お肌に触れるものすべてに、お顔の細菌が移っていると
考えてよいでしょう。

ファンデーションのスポンジやお化粧のパフなどにも、
大量のアクネ菌が移って繁殖しているのです。

いくら洗顔でお顔を綺麗にしているつもりでも、
身の回りのものにアクネ菌が繁殖していたら
元も子もありません。

目には見えませんが、細菌は刻々と繁殖しています。
身の回りのものをこまめに洗う週間をつけましょう。

お肌にニキビを引き起こす原因となるアクネ菌は、
消毒によって減らすことが出来ます。

お肌の荒れが気になるお方は、
洗顔後に軽くお顔を消毒することをお勧めします。

消毒成分の配合された化粧水なども販売されていますので、
日々のお手入れに一手間かけてみてはいかがでしょうか。

アクネ菌は異常繁殖することで毛穴の中に炎症を起こし、
ニキビの原因をつくります。

本来はお肌の害となる菌と戦ってくれる菌なのですが、
増えすぎるお肌の刺激となってしまうのです。

アクネ菌が増えすぎないよう、日ごろから身の回りのものを
清潔に保つよう努力しましょう。



自宅で安全にできる!ニキビ&ニキビ痕改善法
link_24.gif


タグ:ニキビ

共通テーマ:美容

にきびを効果的に防ごう [ニキビ対策]

しつこいニキビをなんとかしようと、世の中には沢山の商品が
出回っています。
3114-160.jpg
色々な商品の中で自分に合ったものを見つけるのは大変ですが、
これだ!と言える基礎化粧品がある人はその化粧品を武器に
にきびと戦っていきたいものです。

しかし自分に合った化粧品が見つからず、
路頭に迷ってしまう人も多くいると思います。

色々試してみたけど、自分にあったものがいまいち見つからない・・
そんな声は非常に多いのです。

合わない化粧品のセルフケアでコンディションの整っていないお肌では、
雑菌は非常に繁殖しやすくなっており、
一度できたにきびは治癒しても繰り返しお肌に現れてしまいます。

にきびはお肌の炎症ですので、一度できてしまうとそれは立派な
「怪我」と同じだということを覚えておいてください。

お肌に傷ができてしまうと、傷を温床に雑菌が繁殖し、
お顔の状態はみるみるうちに悪くなっていきます。

こうなってしまうと治療には時間と労力がかかり、
完全な治癒は難しくなってしまうのです。

にきびがお顔にできてしまってからケアするのではなく、
にきびを予防することこそが重要かつ効果的なのです。

にきびの予防には様々なものがありますが、
全体的なお肌の状態改善には体質改善が有効的です。

体質改善というと敷居が高く感じてしまいがちなのですが、
そんなことはありません。

生活の基本となる食生活や睡眠に気を遣って過ごすと、
あんなにもしつこかったにきびがパッと良くなったりするものです。

お肌はターンオーバーという生まれ変わりを繰り返して生きています。
このターンオーバーを整えるには、十分な栄養と睡眠が必要です。

ストレスなどの外部刺激も大きく関わってきますので、
体質改善をきっかけにご自身の生活を一度見つめなおしてみては
いかがでしょうか。


自宅で安全にできる!ニキビ&ニキビ痕改善法



共通テーマ:美容

ニキビはお肌の疾患 [ニキビ対策]

ニキビに悩む人は実に多く、
その悩みの程度は人それぞれです。
2875.jpg
お肌にぽつぽつとできる程度の人もいれば、
お顔全体に赤みが広がってしまう人もいます。

目立つ部分の炎症ですから、
気になってしまうお方も多いと思います。

セルフケアで炎症を抑えようとしても、
なかなかうまくいってくれませんね。

ニキビはお肌の病気ですから、
お肌の具合に合ったケアが必要なのです。


にきびが酷くなると痕になり、
お肌から消えにくくなってしまいます。

セルフケアでニキビが悪化してしまうと、
皮膚は黒ずんだり凹んだりしてしまいます。

こうなるとお肌にニキビの痕が残ってしまうので、
完全に治すのは難しくなってしまいます。

そうなる前にきちんとしたお手入れを施し、
できるだけ穏便にニキビケアを進めましょう。

もしセルフケアでお肌が悪化してしまったら、
早めに皮膚科の病院に行って専門家に診てもらいましょう。

にきびはお肌の病気であるため、
医師がきちんと診断をしてくれます。

診断の結果、お肌の具合に応じて、
あなたにぴったりのお薬を処方してくれるでしょう。

自分でできることも多々あるのですが、
日々のケアで改善が見られない場合、
専門家に頼むのも賢い方法です。

専門家はお肌の具合から見た、
あなたにぴったりのニキビ対処法を教えてくれるでしょう。

薬でもお肌はよくなりますが、
やはり決め手となるのは日々のケア方法です。

医師のアドバイスをうまく活用して、
しつこいニキビを撃退しましょう。



自宅で安全にできる!ニキビ&ニキビ痕改善法



共通テーマ:美容
ニキビ対策 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。